安全祈願祭

 

平成25年10月2日、亘理名取共立衛生処理組合 新ごみ処理施設建設工事
の安全祈願祭が執り行われました。

組合が運営する名取クリーンセンターと亘理清掃センターの老朽化にともない
これらの機能を1カ所に集約した新たなごみ処理施設として計画されました。
岩沼市、名取市、亘理町、山元町の2市2町の共同使用となる新ごみ処理施設
は安全性と信頼性に優れた全連続ストーカ方式が採用されています。
焼却炉から発生する排ガスに対してはろ過式集じん器(バグフィルタ)を設置し、
万全な公害防止対策がとられています。

工事期間中は濁水対策や騒音・振動対策さらに粉塵・飛散防止を徹底し、環境
への配慮と無事故無災害での竣工を目指します。

 

[工事概要]
工事名称 : 亘理名取共立衛生処理組合 新ごみ処理施設建設工事
工事場所 : 宮城県岩沼市下野郷字新藤曽根1‐1ほか地内
工事期間 : 平成26年4月~平成28年3月
(土木建築工事着工 : 平成26年4月1日)
敷地面積 : 約40,000㎡
施設規模 : ごみ焼却施設|ストーカ式焼却炉  157t/日(78.5t/24h×2炉)
リサイクルセンター|22.9t/5h
工事監理 : 株式会社日本環境工学設計事務所
設計施工 : 川重・熊谷・佐藤 建設工事共同企業体

 

 

1

 

 

2

[安全祈願祭]