安全祈願祭

 

平成26年6月16日、宮城県で整備を進める五間堀川河川災害復旧工事の
安全祈願祭が執り行われました。

宮城県は貞山運河の復旧事業に際し「貞山運河再生・復興ビジョン」を策定しました。
仙台湾沿岸を繋ぐ全長49Kmの日本一の運河群を貴重な土木遺産として、
歴史的位置付けを踏まえ、運河群の魅力を損なうことなく、さらに環境や景観に配慮
した復興計画としています。

 

[貞山運河再生・復興ビジョン]
【基本理念】
運河群(貞山運河・東名運河・北上運河)の歴史を未来へと繋ぎ、
運河群を基軸とした“鎮魂と希望”の沿岸地域の再生・復興
【基本方針①】
人と自然と歴史が調和した、人々が集う魅力的な沿岸地域の復興
【基本方針②】
自然災害に対して粘り強く、安全・安心な沿岸地域の再生

 

沿岸地域にとって重要な施設であり、将来においても有用な土木遺産として後世に
継承されることを願い工事を進めて参ります。

 
 

20140616-1
 

 

[安全祈願祭]